ぷらすちっくな言語SPEIL -人文学、ボードゲーム、合成樹脂-

コンクリートジャングルで合成樹脂のささやきに耳を澄ませるさらりーまん。ボードゲームとSFを好みます。

東京生活のはじまりと神保町

一応今週から東京での仕事が始まるものの、今週はまだ出張扱いということにしてもらってビジネスホテル住まいでした。

月曜は大阪の事務所での最終勤務日ということで、後任の人に引き継ぎを実施。予定を7時間以上と大幅に超過しつつも、なんとか業務引き継ぎを終えて、その日のうちに東京入り。

本来であれば夕方くらいに東京入りしてボードゲームショップなりプレイスペースなりに行こうと企んでいたのですが、上記の通り時間が押しに押して東京駅に降り立ったのが23時という有り様だったのでおとなしくビジネスホテルに直行。

 

僕の中で東京で宿をとるとならば、神保町一択。

学生時代にちょいちょい足を運んでいて思い入れがあるとか古書店街として雰囲気がいいとか都心部でいろいろアクセスがいいとかありますが、個人的に外せないのが以下2つ。

 

1つは飯。神保町といえばボンディとかエチオピアとかカレーの名店が多いことで有名で、実際にカレーもいいのですが、個人的には「とんかつ いもや」が一番好きでした。東京来る度に足を運んでおりました。味だけでなく、孤独のグルメばりにストイックな雰囲気の漂う店内でとんかつと向き合う時間は他では得難い充実感がありました。こんなに美味くて800円というお値段も大変よかった。

しかしながら、そんな「とんかつ いもや」が大変残念なことに数ヶ月前に姉妹店の「天丼いもや」とともに閉店してしまうという悲しい事態に。神保町へ来る最大の楽しみがなくなったと大いに凹んでおりました。

 

「とんかついもや」が締めちゃったことは知っていたのですが、それでも神保町に宿を取ったのはみなさんお察しの通り、ボードゲームです。

書泉の充実した輸入ボードゲームコーナーで漁ってるだけで1時間くらい余裕で時間潰せますし、アソビCafeというボードゲームカフェもあるので遊ぶこともできる。そして、僕が泊まってたビジネスホテルは住友不動産系のヴィラフォンテーヌ神保町というところなのですが、ここが結構内装キレイで管理も行き届きつつ、駅徒歩3分(加えてアソビCafeまで徒歩2分!)という好立地にあるにもかかわらず、日月火水ならわりと安く泊まれる(8千円前後)ってのもいいですね。木金土とかはさすがに1万円超えてくるのでなかなか泊まる気しないですが・・・

 

やや脱線しましたが、今回はさらにテンション上がることに、高円寺の有名ボードゲームショップすごろくやの第二号店が4月に神保町にオープンしたとあって、この機を逃す手はあるまいという感じでした。

すごろくやでは「地獄の窯」と「すずめ雀」を購入。

f:id:meirin213:20180511004244j:image

 

また、GW中に開催されていたゲムマ春の直後なので、その新作を遊べるかなという淡い期待を抱きつつ、仕事を無理やり片付けてアソビCafeに出向いてみたところ、期待通りに新作を滞在約3時間で5つもプレイできました。

 

 

いくつか簡単にプレイ記をば。

「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ」

f:id:meirin213:20180511004302j:image

これは、ランダムで配られるキーワードを取捨選択しつつ、手元の毎回使える補助ワードカード(助詞やプロポーズとして汎用性の高い言葉)を組み合わせて、即興でプロポーズの言葉をつくるという大喜利系?ゲーム。

そのラウンドの親は気に入ったプロポーズを作成した子が差し出している指輪を取る、という芝居じみた演出含めてとても楽しめるゲームでした。

プレイスペースのよいところとしてたまたま相席した見ず知らずの男女6人の間で愛の告白と「結婚しよう」が飛び交いまくるというなかなか面白いシチュエーションでした。

このときは僕は意外にも!?ネタに走りながらもなんとなくきれいにまとめるのがうまくいき、女性票を中心に自分の親番を除く5ラウンド中3ラウンドをモノにして勝利。ワード系ゲーム好きとして自分のセンスが評価されるのはうれしいものです。

 

「さけのぼり」

f:id:meirin213:20180511004315j:image

 

カードを裏にしてペンギンパーティーみたいにピラミッドを積んでいって、自分のサケを少しでも高いところまで遡上させて産卵させるゲーム。裏にするのが肝で、手札の6枚中1枚がクマになっていて、自分のサケを進めた先のカードをめくってクマが出てしまったら。そのラウンドはそこで脱落。ダイレクトに他者に攻撃できるペンギンパーティーといった様相だけど、逆にペンギンパーティーをゆるくしてパーティーゲームに近づけた感じ。最終3ラウンド目にはこれまで脱落したサケのポイントがキャリーオーバーされるというインフレ設定も盛り上がってよい。ゲムマで完売してしまったということで再販が待たれる。

 

「ハピエストタウン」

f:id:meirin213:20180511004328j:image

小学2年生のアイデアが盛り込まれた街づくりゲーム。

基本的に毎ターン何かしらの物件が購入できるので、街コロに比べてプレイ感はやさしく、進行も早い。それでいて、ゲーム性も練られていて15分くらいでそれなりにボードゲームした感を味わえるのはなかなかないだろう。これま完売してしまったということで同じく再販を待ちたいところ。

 

 

そんなこんなで木曜の夜に大阪に帰ってきました。

神保町を思いっきりエンジョイできてなかなかに順調な東京生活のはじまりでした。この先居住地は浦安になるのでどこを拠点にこれから活動していくかは見えませんが、神保町にはちょいちょい足を運びたいもの。そのためにはとんかついもやに代わるベスト飯を探さねばですね。

 

明日は赴任休暇でお休み。名目通り、土日の引っ越しに向けてしっかり荷造りやろうと思います。

 

では。